末梢神経・皮神経

坐骨神経痛の定義が実はあいまい。

坐骨神経痛の定義が実はあいまい。

坐骨神経痛という単語は有名ですよね?多くは梨状筋による圧迫が問題だとされており、多くの整体やマッサージではその筋を揉みほぐそうとしています。

しかし実は、その根拠自体が非常に曖昧で、ある論文においては否定的な意見が多く、疑問視されています。

沢山の論文を読んだ結果、坐骨神経痛が全く存在しないというわけではないが、良く言われているほどPOPではない、というのが結論です。

坐骨神経はまれに梨状筋を貫通する場合があります。

多くは下を通過するだけなので、それに比べたら刺激は受けやすい可能性があります。

その場合は梨状筋をターゲットとした治療に効果が出る場合もあるかもしれません。

そして坐骨神経痛という定義自体が曖昧なのは、その分布領域には他にも、後大腿皮神経という皮膚の神経もあるからなのです。

皮神経を見ないのは、何も見ていないのと同じ。

そこに注目してみると、長年の坐骨神経痛も変化していくかもしれません。

また臀部の深部には他にも運動神経がいくつかあります。

全部の末梢神経の知識を持っているお近くのセラピストを探してみてください。

関連記事