コラム

短期的効果と長期的効果、あなたはどちらを選びますか?

短期的効果と長期的効果、
あなたはどちらを選びますか?

サステナブルという単語を目にします。

意味は「人間・社会・地球環境の持続可能な発展」ということ。

人間の身体にとっても持続的に発展していくことが大切ということです。

それなのに多くの慢性痛の方々は、短期的で一時的な鎮痛効果を求めて、痛いマッサージや刺激の強い整体に足繁く通います。

デルモ(DNM)は長期的な効果を1番に考えています。

短期的な効果とは?

痛みを与えたり、痛気持ち良いマッサージは、痛みを与えることで起こる一時的な鎮痛物質が脳から放出されます。

生死を賭ける戦いやスポーツの試合中なども同じ鎮痛が起こるので、負傷をしていても気がつかず、試合が終わってから負傷に気がつく人が多いものです。

さらに、2〜3日後には「もみ返し」という微小な損傷も起こり、身体はどんどん修復からは遠ざかってしまうのです。

痛みを与えることは百害あって一利なしです。

長期的な効果とは?

デルモのような優しいアプローチでも、鎮痛系の物質が脳から放出されます。

そして身体には強い刺激を与えないので、もみ返しがありません。

またセルフケアや日常生活自体を改善することで、サステナブルに健康にプラスへ働きかけていきます。

あなたは値段が安いからといって、強いマッサージに通い続けますか?

それとも高品質で科学的知識に基づく、優しいアプローチを継続的に受けますか?

関連記事