DNMのポイント

<DNMを受けるポイント>

DNMLAB

この度はご予約ありがとうございます。

DNMを受けるにあたって、いくつかポイントをお伝えしておきます。

| DNMを受ける前に

 

大倉山の整体デルモ

・一度は病院に行って、レッドフラッグ(重篤な疾患)がないか確認することをお勧めします。

・当日は動きやすい服装で受けてください。(ジーンズ、襟付きのシャツ、ウールのセーターなどはDNMスキンストレッチが行いにくいのでご遠慮ください。)

・当日、カウンセリングシートに症状の詳細をご記入の上、ここまでに至る経緯をお聞かせください。

・訪問の場合、動きやすい服装に着替えた状態でお待ちください。フェイスタオル、ヨガマットなど下に敷くもの、まくらをご用意ください。

| DNMを受けている最中

DNMスキンストレッチ

・痛いことを一切したくないので、少しでも不快感や違和感を感じたら我慢せずにすぐお伝えください。神経系が求める心地よさや楽な感じを重視します。

・どの方向が楽かどうかを尋ねます。神経系の緊張が減り、楽になる方向でDNMを行います。

・神経の循環を促すため、皮膚のテンションや身体のポジションを3分以上キープします。

その間は力をできるだけ抜いて、自然な深い呼吸をしていてください。

| DNMを受けた後

シナプス

・DNM後の3日間は、体調の変化をメールかLINEでお知らせください。 それによって次回、どのようなアプローチを行うかを組み立てます。

・神経系の変化は、3日間くらいゆらぐ事があります。脅威が減った影響であって、強い刺激で炎症や損傷が増えたわけではないのでご安心ください。4日目くらいから落ち着いて、階段を少しずつ登るように変化していきます。

・皮膚やポジションの神経セルフケアをお伝えします。必ず毎日朝昼晩の3回以上(3分ずつ)行ってください。

また、滞っている神経を1時間に一度、5回やさしくゆっくり痛みのでない範囲で伸び縮みさせてください。

この二つのセルフケアをやるかやらないかで効果はかなり変わってきます。

・食物繊維を摂り、甘いものを控え、8時間寝て、水を飲み、趣味を楽しみストレスを適宜発散して、目を休め、たまに深呼吸をして、ご近所を軽く散歩してください。どれも炎症の低下と鎮痛にプラスの影響を与えます。また、色々と頑張りすぎないことも大切です。

DNMの効果がどのように神経系に影響を与えているのか分からなくなってしまうので、他の徒手療法、整体、マッサージ、指圧、カイロ、鍼灸、筋膜リリースなどを受けないでください。特に刺激が強いものはおやめください。(現在受けているものがある方はご相談ください)

| DNMを理解するために

論文

DNMはサイエンスに基づいた徒手療法です。

痛みや神経系について学ぶことは、クライアント様の今後の人生にとって重要なことです。

DNMLABのブログで知識を身につけてください。

 

クライアント様の健康を取り戻し、幸せな人生を歩めるようにお手伝いができれば幸いです。