腰のつらさには色々なアプローチを組み合わせて行うことが最適です。筋肉と神経の関係を熟知している必要があります。

上殿皮神経・中殿皮神経

上殿皮神経

引用:Visible Body’s Human Anatomy Atlas

腰痛で一番問題になることが多い皮神経です。

庭仕事をしていたり、ずっと座りっぱなしの、しゃがむような姿勢をとっているOLの方に多く、ぎっくり腰もこの神経が多い印象です。

座る姿勢で上殿皮神経にテンションが持続的にかかり、神経の血流が低下してしまいます。

背中の筋肉の緊張も原因となりますので、接客業など立ちっぱなしの姿勢でも起こることがあります。

腰だけではなく、骨盤の外側や股関節外側、さらには足の痺れなどの不快感が現れることがあります。

中殿皮神経

引用:Visible Body’s Human Anatomy Atlas

仙腸関節付近に伸びている皮神経です。

腰痛やぎっくり腰で多く、仙骨周辺に不快感が現れ、その症状は足までいくこともあります。

その場合はヘルニアや狭窄症と誤診されることもありうると海外の論文には書いてあります。

この皮神経に問題が起こると、立ってても、座っていても、歩いていても違和感がある可能性が高い神経です。